ピックアップ

グランピングとあわせて楽しみたい!道中は、丹後あおまつ号で観光を

こんにちは!マリントピアリゾート広報担当の樋渡(ヒワタシ)です。

せっかくグランピングに行くなら、行き帰りの道中も想い出に残るような時間にしたいもの。
京都丹後鉄道を走る観光列車の「丹後あおまつ号」で、車窓を楽しみながら来てみてはいかがでしょうか♪( ´θ`)ノ

マリントピアリゾートの各グランピング施設までは、JR大阪駅またはJR京都駅から特急でおよそ2時間!
観光列車の丹後あおまつ号は福知山~天橋立間を毎日運行しています。
10:06福知山駅発の列車がこの丹後あおまつ号となっているので、これに乗るのがおすすめです。(※2019年11月現在)

なんと事前予約が必要なく、普通運賃のみで乗車できます♪
ホームで見ると、普通の電車と変わりないのですが……

一歩入ると、普段乗っている電車とは違う雰囲気にびっくり!
列車全体がオシャレなカフェになっています。
カウンター席、ソファ席など、ゆっくりと車窓からの景観を楽しめるように様々なタイプの席があります。
カウンター席は人気なので、座りたい方は余裕をもって乗り換えましょう( ´∀`)

ショーケース、サービスカウンターなどがあるのも、観光列車ならでは♪
丹後名物のお酒や調度品だけでなく、丹後の観光マップも置いてあるのでチェックしてみてくださいね。

そして車内販売サービスで、コーヒーやお菓子も販売されています!
僕、ヒワタシは、「天橋立ブレンド」をオーダー。
観光列車内か丹鉄沿線にあるカフェでしか飲めない丹鉄珈琲は、適度な酸味とほろ苦さが美味しいスペシャリティー珈琲です♪

要所要所で流れる沿線スポットに関するアナウンスに耳を傾けつつ、丹後を目からも、耳からも、飲み物からも堪能してください( ^ω^ )

春夏秋冬と、季節ごとに車窓の景色も変わります。
車で訪れるのとは、また違った旅を楽しめるはずです★

天橋立駅からマリントピアリゾートの各グランピング施設までは無料送迎があります!
送迎時間は天橋立駅14:30発の1便のみですが、3日前までのご予約でスタッフがお迎えに参ります(*^^)v
列車の旅なら、手ぶらならではのグランピング旅行が楽しめますね!

観光列車「丹後あおまつ号」で、旅気分を盛り上げましょう。
また素敵な周辺観光スポットや観光情報をご紹介しますので、お楽しみに♪

▼今回ご紹介した観光列車「丹後あおまつ号」の詳細はこちら▼
https://travel.willer.co.jp/train/tantetsu/aomatsu.html

       

ピックアップ一覧へ